webデザイン用 Ai設定

【環境設定】

単位は全て『ピクセル』

 

キー入力『1px』

 

【アコーダー用ワークスペース】

全員が同じ環境で作業するために、表示パネルを統一します。 《ワークスペースの保存方法》 (Illustrator)ウィンドウ>ワークスペース>ワークスペースを保存

【表示】

グリッドにスナップ/ピクセルにスナップにチェック

オブジェクトのx, y軸、Width, Heightの数値の端数がでなくなる

数字に端数が出ていないかチェック 書き出す画像がボケる原因

【アンチエイリアス】

効果>ラスタライズ>アンチエイリアス>なし

【アートボード】

アートボードの位置に端数が出ないようにする

【線】

線の設定は基本、内側で作る

『新規アートに基本アピアランスを適用』のチェックを外すと、 毎回、線の内側を選ばなくてもいい

オープンパスは線の位置が指定できませんが、線を登録すると便利です

【Illustrator】オープンパスで線の位置を変更する(内側・外側)方法

【書き出し設定】

画質は中画質〜高画質(30〜80%) 『アートに最適』にチェック

サイズや配置する場所によって使い分ける

【書き出し方法いろいろ】

・書き出すサイズのオブジェクトを作成して、 オブジェクト>スライス>作成

・アセットで書き出し

クリッピングマスクをかけている場合は、 一度ライブラリパネルに入れてからアートボードに出す そのあとアセットパネルに追加

・スクリーン用に書き出し

アートボードごとに書き出せる 画像の種類(jpg、png、svg…) サイズ(1倍、2倍…) など一度に別々の設定で書き出せるので便利です。 全て同じサイズのバナーをいくつも書き出す際など、 サイズのズレなど出ないので正確に書き出せます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です